クレジットカードのセキュリティーコードをしっかり守る

クレジットカードには、セキュリティーコードという3桁か4桁の番号がカードの裏面に記されています。このセキュリティーコードが狙われるケースが多発しています。たとえば、本物のカード会社そっくりの偽装サイトを作りそこにセキュリティーコードや個人情報を入力させるフィッシング詐欺という犯罪があります。セキュリティーコードを知られてしまうと、自分のクレジットカードを簡単に使われてしまいます。すると、突然身に覚えのない多額の請求が来てしまいます。セキュリティーコードを守るためには、少しでも怪しいサイトであればそこで買い物をするのは止めるようにして下さい。クレジットカードは便利ですが、少しでも使い方を間違えると危険になると覚えておいて下さい。